早漏の原因 | 早漏防止でパートナーとの時間を大切にしよう!
色んな色がある

早漏の原因

早漏になってしまうとセックスが怖くなってしまいますよね。実際性的なことから離れてしまうという男性もいるようです。しかし、そもそもなんで早漏になっちゃうの?ということですよね。男性みんなが早漏というわけではありませんので、その違いってどこから来るのさ?と疑問に思っていたという人も多いと思います。

早漏というのは大きく分けて3つのタイプに分かれます。「過敏性早漏」「心因性早漏」「衰弱性早漏」というものです。
過敏性早漏というのは、刺激に弱くて射精が我慢出来ない!というやつです。主に包茎の男性に多いといわれています。包茎で亀頭まで覆われているため普段から下着などに触れることもなく刺激が少ないので、いざセックスとなったときにその刺激に耐えられないのです。心因性早漏というのはとくに若い人に多い早漏だと言われています。女性との性行為の刺激に慣れていないなど、簡単にいうと興奮しすぎて出ちゃうということがあるのです。想像しただけでイッちゃうとか、セックス中声を聞いただけでイッちゃったというのがそれになります。また、ストレスも早漏の原因。以前早くイッてしまったし、今回は我慢しなくては!と意気込み過ぎると余計早漏になってしまうということも…。衰弱性早漏は、加齢などにより筋力が落ちたことで射精が我慢出来なくなることをいいます。具体的には射精閉鎖筋が弱まってきたことが影響だと言われています。

このように、早漏といってもひとつではなく、いくつかの原因があるのです。